blog

2015.11.25

RUG!! RUG!! RUG!!

 

CARNAファンの皆さま、こんにちは~。カーテン・ラグ担当の『Miss.K』です。

前回、クッションカバーのブログを書かせて頂いたのですが、それを見て買いに来て下さったお客様が

ちらほら・・・・

なんだか気恥ずかしいですけど、嬉しいものですね(*^_^*)

今回は素敵なウール素材のラグのご紹介をさせて頂きます。

 

 

 

まずは・・・collage(コラージュ) コラージュ ペルシャの人々が30~50年もの間、永く大切に使っていたオールド・セミアンティーク絨毯をリユース(再生)し、職人たちの技と感性により一つ一つ丹念にパーツを切り取り、再縫製・再染色し、パッチワークでコラージュして生まれ変わらせたラグです。 ラグとしての用途もさることながら、芸術性も高いですよねぇ~~

 

 

コラージュ2 こんな感じで壁に飾るのもオシャレ☆ 玄関やお部屋の扉を開けて、真っ先にこのラグが目に入ったら、いい感じになると思います。 個人宅にとどまらず、カフェやアパレルなど商業施設でのニーズも高まっているので、玄人(くろうと)好みの 逸品だと思いますよ。

 

 

お次は・・・tribal(トライバル) トライバル イランの部族(トライブ)によって織られた、赤・茶を基調とした絨毯で伝統的な幾何学模様が特徴です。

使い込むほどツヤ感が増し、何とも言えない深みが出てきます。 家具もそうですが、いいものって年月が経てば経つほど、味が出て変化していくので、それも楽しめますね♪

個人的にトライバルは、渋みのある落ち着いた色の革のソファに合わせると、ぐっと来ると思います。

 

 

トライバル2

 

 

 

最後に・・・GABBEH(ギャッベ) DSC03424 巷での認知度もかなり高くなった、ギャッベ。 草木染めのウールの糸で遊牧民たちが手織りしたラグで、織りながら図柄を考えていくので、どこか牧歌的で 和みます。 図柄に織り手の性格が表れるので、スタッフと『これを織った人は、おおらかでねぇ』とか『これはちょっと個性的な人でねぇ』と楽しんでいます。

今回のイベントでは、使いやすい40cm角サイズで、おもしろい図柄の物も多数取り揃えております。

 

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

collage-tribal-GABBEH+FABRICIA(ファブリシア)展

只今、好評開催中!! 12月6日(日)まで。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

 

ちなみに・・・ タイトル画像の左隅に写りこんでいるのは、スウェーデンからやって来た妖精の『トムテ』くん。

おうちに幸せをもたらせてくれるんですって!!

CARNAにはいろんなトムテくんがいますので、そちらも合わせて、是非見に来て下さいね。

 

 

 

CATEGORY